女性特有の症状【その頭痛や腹痛は生理前症候群かも】

女性

生理前の不調の改善法

落ち込み

生理前症候群(月経前症候群)とは、月経の1、2週間くらい前からおこる女性特有の不快症状のことです。この症状は月経が始まると軽くなったり、消失したりします。この不快感は、身体的症状と精神的症状として表れます。よく見られる身体的症状は、頭痛、腹痛、にきびなどの肌荒れ、便秘あるいは下痢、過剰な睡眠欲、不眠、下腹痛、乳房痛などです。精神的症状としては、イライラする、怒りっぽくなる、集中力が低下する、孤独感を感じるなどがあります。個人差はありますが、女性の大多数がこの生理前症候群を経験しているといわれています。そして多くの女性がこの生理前症候群に悩まされているのも事実です。この生理前症候群の原因は正確には解明されてませんが、様々な要因が関与してこれらの症状を引き起こしていると考えられています。一説によると、生理前に分泌される黄体ホルモン、脳内物質であるセロトニンの低下や自律神経の不調が影響しているといわれています。また、ストレスや緊張、疲労の蓄積、バランスの悪い食事による栄養素不足、酒、タバコなどの多量摂取が生理前症候群の症状を強くするともいわれています。特にストレスが加わると、ホルモンの分泌が乱れるだけでなく、自律神経の働きにも影響します。

生理前になると仕事で眠気や集中力の低下で、ミスを連発する、またストレスを感じる、気持ちが塞いでしまうなど悩みを抱えている女性は少なくありません。人に対して不機嫌な態度を取ってしまう、物や人にあたってしまうなど人間関係を悪化する行動をとってしまうこともあるようです。生理前症候群による身体と心に起こるさまざまな不調は、女性の人間関係や社会生活に様々な影響を及ぼします。このような症状に対して、病院での治療や漢方による治療が行われています。病院では主に、ホルモンを調整する治療が行われます。これは、低用量ピルを処方し、ホルモン分泌を一定にコントロールすることによって症状を改善する治療です。また、心療内科などでは、精神的症状の緩和のために抗うつ薬を処方したり、認知行動療法を行ったりします。しかし、これらは症状を緩和するための治療です。生理前症候群の原因はまだ明らかにされていないため、根本的治療法は確立されていないのが現状です。また、漢方薬についても、有効性を評価した研究は示されていないといわれています。自身でできる改善方法としては、栄養改善と運動が薦められています。栄養改善には、食物繊維の多い炭水化物、果物や野菜などを多く摂取する、脂質、糖分、塩を減らす、カフェインやアルコールの摂取を控えるなどが有効です。生理前症候群の要因であるといわれているストレスを解消するため、定期的な有酸素運動を行うのも有効であるといわれています。

Copyright©2015 女性特有の症状【その頭痛や腹痛は生理前症候群かも】 All Rights Reserved.